記事の詳細

株式会社エフエルシーは、江戸時代から人々の暮らしを支えた、富士山の水を提供しています。昔から、富士山のご利益にあやかる商売はたくさんあります。日本中から富士登山に出かける方もおられますし、富士山の頂上まで登り、記念写真を取られる方もいます。株式会社エフエルシーのグループ企業であるプレミアムウォーター株式会社は、ウォーターサーバー「プレミアム富士」を提供しています。創業者の大島昇は、多くの方が笑顔になれるよう、日々尽力しています。
一体どうして、美味しい水を販売するようになったのか、それは、大島昇が「世界中の人に、日本の美味しい水を届けたい」と考えたからです。昨今、世界中で貧困が問題となり、きれいな水を飲めない方が数億人もおられる現状を考えると、大島昇の考えは、決して間違ってはいないでしょう。
数多くのグループ企業を持ち、お客様にたくさんの商品を販売してきた、株式会社エフエルシーは、「届ける力」を重視すべきだと考えています。「届ける力」とは、「お客様に商品を理解して頂く力」や、「その商品で幸せになれるお客様を見つけ出す力」、そして「お客様に喜んで頂き、満足してもらう力」のことを指します。
大島昇の考えは、確かに理想的かもしれません。しかし、ベンチャーとして創業し、10年近くにわたって経営を続けてこられた、大島昇の姿勢に共感する社員は300人以上に上ります。人を大切にする経営方針をもち、最終的にお客様の笑顔を見るために仕事されている方々の顔は、誰よりも輝いて見えるでしょう。

株式会社エフエルシーが提供する「プレミアムウォーター」は日本を代表するミネラルウォーターといえるでしょう。
「不死の水」として江戸時代より人々の暮らしを支えてきた水ですからそう宣言出来るのでしょう。そしてこのミネラルウォーターを世界へと発信したいと大島昇氏は目指しています。日本を誇る富士山といえば、2013年に世界遺産となった山ですから麓より汲み取った水の価値はとても大きいでしょう。株式会社エフエルシーは自然の恵みをを世界の人々にも提供したいと思っているのです。

株式会社エフエルシーの強みは「届ける力」です。
どこまでも流れていく水の如く、商品の良さをお客様にお届けする力、セールスプロモーションする力を従業員のみんなは培い業務に活かしています。それにより、多くの方々にプレミアムウォーターを提供出来ているのです。これも代表取締役の大島昇氏の信念の表れなのでしょう。そしてに賛同する従業員たちの日々の努力の結果なのでしょうね。

グループ会社では、生活には欠かせない水の提供と共にカフェや居酒屋などの飲食店、カラオケ店舗などの事業も展開しています。
また、総合セールスプロモーションカンパニーとしても大活躍をしています。簡易型店舗「モバイラーズステーション」といった移動型簡易組立式什器を用いて携帯電話のセールスプロモーション全国的に行っているんだそうです。

株式会社エフエルシー
http://www.flc-inc.jp/

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る