記事の詳細

東理ホールディングスは、東証二部上場の企業で、東京都中央区に本社があります。アルミダイカスト製品の製造を行う東京理科工業所の株式会社として設立。酒類製造業や教育関連企業が傘下にあります。
東理ホールディングスは、ダイカスト事業として東京理化工業所にてアルミダイカスト製品の製造や販売を行っています。ダイカストの先進メーカーとして、二輪車や船外機の機能部品の製造・販売を行っています。これ以外にも、通信。光学機器、産業機器や建材・ガスメーター・事務機器といったところまで、幅広いアルミダイカスト製品の製造・販売を行っています。
東理ホールディングスの食品流通事業としては、株式会社ボン・サンテ、株式会社グローバルフード&リカーサプライにおいて、食品・酒類の小売や業務用卸売販売を行っています。焼酎と清酒の製造・販売については、老松酒造株式会社、株式会社越後伝衛門にて行っています。若松酒造株式会社では、本格焼酎や清酒の製造販売を行っており、主力商品として閻魔、懐古浪漫などがあります。株式会社越後伝衛門では、日本酒の製造・販売を行っており、大吟醸伝衛門と呼ばれる個性のある日本酒を製造・販売しています。
東理ホールディングスの教育関連では、教育関係の図書や教材の製作販売。幼児能力開発ソフトや教材の販売、インターネット学習システムの構築や販売、通信制・定時制高校の運営といったものを行っています。これ以外にも認知症の緩和ケア教育普及やタクティールケア教育の普及事業を行っています。株式会社創研では、小中高生向けの図書、教材、幼児向け英語教材の販売
製作を行っています。それ以外にも東理ホールディングスでは、学習コンテンツやパズルなどの製作・販売、e-ラーニング事業を行っています。株式会社創育では、学習塾や学校、書店向けの教材や図書、学力テストの製作と販売、講習会や会場テストの開催を行っています。株式会社日本スウェーデン福祉研究所では、認知症ケアの教育やタクティールケア教育の普及を行っています。株式会社ウィッツでは、構造改革特区制度を活用したウィッツ青山学園高等学校を運営しています。
これ以外にも、東理ホールディングスは保険や金融、リフォーム事業、遊戯機器の開発、レンタル、販売と、東理ホールディングスはとてもたくさんの事業を行っています。成長性と安定性を重視した事業ポートフォリオの構築を方針として経営を行っています。

多くの人に馴染みのある事業を展開している会社

多くの人にとって馴染みがあり、身近な存在とも言える原付や自動車に使われているアルミダイカストを製造している会社として株式会社東理ホールディングスと言うところがあります。この会社では、アルミダイカスト事業を中心としながらも多くの事業を展開していることでも知られています。では、どのような事業があるのか、その内容について紹介していきます。
株式会社東理ホールディングスでは、アルミダイカストの製造が中心となっているのですが、それ以外に行われている事業のひとつに酒類の販売や製造があります。この事業については老松酒造株式会社や株式会社グローバルフード&リカーサプライというところで行われているものです。この2つの会社は事業内容こそ同じですが、製造している商品が異なり、それによってシナジー効果を起こすことでより多くの人に感動を与えることができているのです。
また、東理ホールディングスには株式会社ボン・サンテという子会社もあります。この会社でも酒類の販売を行っているのですが、実際の日常生活においてはこちらの方が馴染みの深いものと言えます。創業は昭和44年とかなり古い会社となっており、特に地域密着型での事業展開をしているところが大きな特徴と言えます。それを裏付ける部分として、非常にレベルの高い接客を行っていることが挙げられます。株式会社ボン・サンテでは、会社メインとしてではなく、あくまでもお客様メインとなる営業を行う企業努力を行っています。これは、自分たちが利益を上げることができているのはお客様あってのことという考えから来ているものです。だからこそ、接客レベルも高いものを維持することができていますし、それを実現させることができるだけの教育制度も完備されているのです。それにより、多くの方々に対して来てよかったと思わせることができるだけの接客を実現させることができているのです。
株式会社ボン・サンテでは、当然扱っている酒類のラインナップも豊富で、その数は何と2000以上にもなります。扱っていないものは無いとも言われており、酒通でも納得できるだけの品ぞろえであるとのことです。当然この種類の多さも、お客様に満足してもらうことを第一に考えた結果であると言えるでしょう。事実、大手のスーパーでもコンビニでも扱えないようなお酒の販売も行っているとのことです。
更に、お酒を購入する際には、自分の料理に対してぴったり合うお酒を店員が選んでくれるというサービスも行っています。これは当然お酒に対する深い知識がなければできないことですが、こうした知識を持った店員がいるところもまた大きな特徴と言えるでしょう。
株式会社ボン・サンテは、可能限りお客様から寄せられる声に対して耳を傾け、その意見を可能な限り反映させる形の営業を行っています。このスタイルがあるからこそ、現在の不況下の中にありながらも成長を続けることができていると言えるのではないでしょうか。そもそもサービス内容に対して不満を持ってしまう会社が多い中で、自主的に納得できるクオリティのサービス展開をしてくれる会社は珍しいと言えます。株式会社東理ホールディングスの子会社である株式会社ボン・サンテはそんな会社なのです。
株式会社東理ホールディングスで行われている事業の中心は、あくまでもダイカスト事業が中心となっていますが、そもそもダイカストというのは自動車や船外機に使われることの多い素材であり、そういったものを製造していることでも社会的に貢献を果たしていると言えるでしょう。ダイカストは寸法の精度が高いことから製造しやすい素材としても知られており、多くのところから必要とされているものです。株式会社東理ホールディングスで製造されているダイカストは、言うまでもなく品質の高いものとして知られています。
また、株式会社東理ホールディングスでは教育コンテンツの開発や販売も行っています。創育や株式会社創研といったところで行われているものですが、学校用の図書や教材、幼児向けの英語教材の開発や販売を行っており、幼児から学童まで幅広い年齢層に対して教育的観点からの貢献を行っています。それ以外にも、学習コンテンツやパズルの制作なども行っていることでも知られています。ダイカストの製造、酒類の販売ときて、学習コンテンツの作成は意外かと思われますが、事実東理ホールディングスではこうした事業も展開しているのです。
このように、株式会社東理ホールディングスでは多くの事業が展開されており、その事業によって多くの人々が満足を得ることができています。企業向けだけではなく、消費者に対する事業を展開していることから、日々の生活に密着している会社と言えるでしょう。こうしたことから、株式会社東理ホールディングスはこれからも多くの人々の満足に応え続けることでしょうし、その精神を失わない限り更なる発展を続けていくことは間違いないと思われます。

株式会社東理ホールディングス
http://www.tori-holdings.co.jp/

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る