記事の詳細

福村康廣さんは、株式会社東理ホールディングスの代表者の方です。代表取締役社長である福村康廣さんは、会社の顔として日々精進をされています。さらに、常に開示を繰り返している社長ということで、福村康廣さんは現在とても注目をされているようです。会社をここまで成長させてくることができたのは、福村康廣さんの力と言えるでしょう。
株式会社東理ホールディングスでは、5年前にコンサルタントをされていました。現在では、かなり大きな会社となっているようです。その会社を支えるためにも会社の社長である福村康廣さんは、日々頑張っているようです。福村康廣さんは、兜町ではかなりの有名人となっています。福村康廣さんを知らないという人はいないくらいでしょう。
特に、何度も困難を乗り越えて会社を助けてきたということです。強運の持ち主と言えるのではないでしょうか?これだけ強運を持っているからこそ、成長する会社を作り上げることができたと言えるでしょう。会社が大きく成長するかどうかは、社長の腕次第です。会社のホームページからは、詳しい会社の情報を見ることができます。ですので、一度会社のホームページに目を通してみてはいかがでしょうか?

株式会社東理ホールディングスの代表取締役社長をされている福村康廣氏。
東京都中央区銀座に本社を置き、事業持株会社をしています。東理ホールディングスのグループ会社では、ダイカスト事業・食品流通事業・酒類製造事業・教育関連事業などを幅広く展開しています。

ダイカストとは高い生産性を持った鋳造方法の1つです。主に自動車産業で使用されます。他の用途では、自動二輪車・機械部品・建築部材と様々な場面で使用されており、東理ホールディングスではアルミダイカストの製造と販売を行っています。
食品流通事業では、食品や酒類の小売及び業務用の卸売、雑貨等も取り扱っており、東京・埼玉・千葉・神奈川で13店舗を展開しています。母体が酒販業となっている為、高品質で低価格なお酒を皆さんに提供出来ています。それが酒類製造事業からの仕入れとなっており、大分県や新潟県より本格的な麦焼酎・米焼酎、個性ある香味を持つ大吟醸などを製造し販売をしています。
教育関連事業では、教材の販売やインターネット学習システムの構築及び販売、定時制・通信制高校の運営などを展開しており、認知症緩和ケア教育・タクティールケア教育などにも力を入れています。更に他の事業として、保険事業・金融事業・リフォーム事業なども行っています。

これほど多くの事業を手掛けるという事がいかに大変か想像出来るかと思いますが、各事業を保てているのも福村康廣氏の手腕なのでしょう。

株式会社東理ホールディングスの福村康廣氏

みなさんは株式会社東理ホールディングスという企業をご存知でしょうか?株式会社東理ホールディングスは福村康廣氏率いる企業となっています。福村康廣氏は代表取締役を勤めている人物で、株式会社東理ホールディングスに貢献してきた人でもあります。
現在株式会社東理ホールディングスですが創業以来成績は順調の伸び、現在ではかなりの規模の会社となっています。東理ホールディングスだけではなく、複数の事業が展開されておりグループ会社としての成長も著しい企業です。5つ以上にわたる事業展開がなされており、今後もさらなる成長が期待されています。
福村康廣氏ですが47歳のときに社長に就任されています。福村康廣氏のすばらしいリーダーシップによって、会社は確実な成長を遂げてきました。
会社の成長については手腕はもちろん、その他さまざまななことも必要となっています。福村康廣氏はまさしくそうしたことを兼ね備えた方であり、現在株式会社東理ホールディングスの鏡ともいえる存在です。
ダイカスト事業についても展開しており、アルミダイカスト製品についてついても取り扱っています。アルミダイカスト製品の取り扱いですが、製造及び販売をてがけています。
また食品流通事業に関しても取り扱いを行っています。酒類製造事業も手がけており、幅広い分野での活躍の様子が伺えます。
会社経営はどんなに成功していても、さまざまな試練があるものです。それらを乗り切って現在の現在株式会社東理ホールディングスがあるわけです。
会社経営を希望されている方は、実際に成功している企業がどういった分野で活躍しているのかといったことを注目してみるのもおすすめです。そしてどういう強みがあるのかも知っておきたいところです。きちんと知ることによってさらに幅広い形で、ビジネスにも生かせることと思います。ビジネスに生かした形で、仕事に取り組みたいところです。
仕事は楽しく、そして確実な成長を遂げられる形で取り組みをマスターしたいところですね。

株式会社東理ホールディングス
http://www.tori-holdings.co.jp/

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る